making innovation happen, together

国際舞台において、電子機器や産業用途のガスマネージメントソリューションを提案し続けてきたサエスグループ

ですが、近年では食品包装分野において、当社の機能性ケミカル材料技術を応用した製品を開発しております。

OLEDディスプレイと肉汁がしたたるTボーンステーキ、あるいは粉末スープの共通点は何でしょうか?

一見何もないようですが、これらの製品に要求される最も重要な性質の一つである「製品寿命」に注目してみると、

正しい答えが見えてきます。つまり全てはパッケージ次第です。

サエスは機能性高分子材に関する技術を活かし、(市場に出回る90%の塗料が溶剤ベースであるにもかかわらず)

水溶性の溶剤フリーなコーティング材料を使った、革新的な食品保存のプラスチックフィルムを、グループ会社の

Metalvuoto社を通じて提案しています。

これらの特徴ある製品は、食品保存と環境保護の両方の観点を考慮し、サエスの研究・開発そして特性評価の能

力と、Metalvuoto社の高品質なプラスチックフィルム製品への専門知識の相乗効果により生み出されました。

Metalvuoto社の既存の製品ラインアップから始まり、サエスは周辺環境に影響を受けやすい内容物に対応した次世

代アクティブパッケージの導入も進めています。

高速塗布技術によりにより特殊なコーティングが施されたパッケージは、食品の代謝に伴う劣化に影響するガスを吸着

またはブロックし、従来の単なる包装材としてのみならず、製品寿命を向上させる効果も発揮します。

内外の環境にただ働きかけるだけで、防腐剤の使用を避けられるという利点を得られるのです。

こうした技術によりパッケージ材を薄くすると同時に、多層フィルムの使用を避けられる様になることで、完全なリサイク

ルが可能となります。実際、これらの塗料に結合されたPE(ポリエチレン)、PP(ポリプロピレン)またPET(ポリエチレ

ンテレフタレート)フィルムは、多層素材とは異なり、再生利用が可能な素材です。

プロテクト&シール

ガスを捕捉する