making innovation happen, together

エネルギーは、人間生活のあらゆる面に浸透しており、労働環境や社会活動を行う上で必要です。 

サエス・グループは様々な技術的ソリューションや装置の開発により、企業のエネルギー生産、保管、輸送、節約をサポートしています。

 

エネルギー生産

エネルギー源としての太陽の重要性が高まっている中、サエス・グループは太陽光電池モジュール向けに、サエスのドライヤーを内包した特殊なエッジ封止材を開発しました。

加えて、集中太陽熱コレクタ-(ソーラー・コレクター)の真空状態の保持と改善を行う最新の非蒸発型ゲッターも開発しました。 新たな高性能塗布型ドライヤーも、成長する有機太陽電池産業に貢献しています。薄膜太陽電池においてもサエスのガス純化技術によって、工程内で使用されるガスを高純度に保つことが可能です。

燃料電池が多く採用される水素エコノミーにおいても、同じガス純化技術が使われる予定です。 更に、サエス・グループは、重水素とトリチウムの純化に適した特殊ゲッター合金を提供し、核エネルギー産業を積極的にサポートしています。

 

蓄エネルギー

効率的な蓄エネルギーは、エネルギーを適切に、かつ時間通りに供給する上で重要になってきています。

NaSとNi-MH電池といった第一世代蓄電池に貢献した後、現在サエス・グループは、ハイブリット車や固定用途のリチウム電池内のガス管理向けの、最新のソリューションを提供することに真剣に取り組んでいます。

サエスのR&Dは、電解質の機能・特性に影響することなく、その中のガスを吸着することができるゲッター材とソリューションを開発しています。分かりやすい例としては、サエスのアルミキャパシタとスーパーキャパシタ分野、そしてリチウムイオンバッテリ分野への貢献が挙げられます。

更にサエス・グループは、フライホイール等の新たな蓄エネルギー方式サポートに誇りを持って取り組んでおり、我々の適切なゲッター技術によってこの方式に重要な高真空レベルを確保することが可能となっています。

 

エネルギー輸送

エネルギーの輸送は、進化する配電網によって確保されており、真空スイッチと遮断機向けのサエス・グループの最先端のゲッター製品が活用されています。

 

最後に、真空断熱は、白物家電等のアプリケーションにおいて、消費電力の削減をする上での重要なポイントになっています。
 

ガスを捕捉する

プロテクト&シール

ガスを精製する