making innovation happen, together

自動車産業では、一連の技術変化を受け、材料、製造工程、安全性や車両への環境負荷の改良が進んでいます。デジタルエレクトロニクスとソフトウェアが、車両の機械やハードウェアに取って代わりつつあります。

 

しかしながら、この”電子頭脳”を機械的な動きへと変換する機能も存在しています。 

ニチノールベースの形状記憶合金は、高出力密度のマイクロ・アクチュエーターの開発において、非常に重要な役割を担っています。 完全装備の車には約60の電磁アクチュエーターがあり、これをニチノールの形状記憶アクチュエーターに置き換えることにより、特に動作、サイズ、コストや重量の削減を最適化するのに、大きな効果をあげることが可能です。

 

 

サエス・グループのニチノールのアクチュエーターは、快適な座席システムとエンジン温度調節バルブの量産に既に使われています。 他のアクチュエーター技術に比べ、その優秀な技術は既に実証済みです。

 

車の安全性に関し、サエス・グループはウェハーレベル (PageWafer®) でのゲッターフィルムの開発および提供を行っており、電子安定装置 (ESP) 内のジャイロスコープと加速度計に役立っています。

サエス・グループの製品 (PageWafer) は、確実で且つ経済的な、自動車向け赤外線カメラの開発と製造も可能にするでしょう。

 

車の環境への影響を減らすため、最新のハイブリット車や電気自動車には、効率的なエネルギー利用が可能な、スーパーキャパシタやリチウムバッテリーシステムが採用される予定です。 サエス・グループは、これらのシステムの性能を向上させる、開発中のゲッター材をベースとしたガス管理システムを提供しています。

 

 

 
作動させる

形状を回復する

ガスを捕捉する

プロテクト&シール